--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/13 (Tue) 00:10
W杯

まぁ、私もスポーツをする人間として、あの場の緊張が計り知れないことも、緊張の中自分のプレーをすることの難しさもわかる。
そして当然のことながら、疲れていることもわかる。
しかし、だ。
今日の試合はない。
最初の得点はラッキーといっていい。
中村のパスの位置も良かったのかもしれないが、どちらかといえば偶然の産物だ。次に本日二度のスーパーセーブに成功した川口だが、三度目はなかったか。冷静に待っていれば防げたボールであったはずだ。
その後の追加点も、DFの対応の遅さに加えて疲れて戻らない選手陣の情けなさが浮き彫りにされる良くない結果となった。
せっかく日本からも世界に通用する人材が・・といわれるようになったのに、これでは日本の評価は下がる一方だ。中田・中村に頼りすぎな面があるとはいわない。全員が今日はよく動いていたことは認めるが、スタミナがなくなった後の踏ん張りがみれなかったことが、なによりも日本人として悲しい。
限界の更に上にある臨界点を超えたとき、人間のうちに眠る力は発揮されると思うのだが・・・。

さて、もうそろそろ仕舞いにしょう。
もっと詳しくかつ専門的に語ってくれる人が、もっとも相応しい言葉をくれるだろうから。
スポンサーサイト

<< ね。ねむい・・ | ホーム | 6/9 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。